正しく使えば育毛は難しくない!効果の高い育毛剤ガイド

本当に効果のある育毛剤とは?
育毛剤の効果徹底調査ガイド  » 育毛剤の効果を発揮させるための基礎知識 » 選び方

選び方

血行促進・細胞活性・皮脂抑制・男性ホルモン抑制…体質にあわせた育毛剤の選び方を紹介します。すべてのタイプに使える育毛の早道とは?

効果の出やすい育毛剤の選び方とは

育毛剤の効果を発揮させるためには、自分に合ったものを選ぶことがとても大切。薄毛の原因や体質に合わせて、必要な成分を補うことで効果的に発毛を促進することができるのです。

まずは、育毛剤にはどんな種類があるのか知っておきましょう。主な5タイプを紹介します。

血行促進タイプ

発毛には血液によって運ばれてくる栄養素が必要です。その血液の流れが滞ってしまっては、毛髪をつくる毛母細胞が十分に働くことができません。

頭皮が硬い人や冷え性の人は、血液の循環が悪くなります。また、喫煙の習慣がある人も同様です。これが薄毛の原因となります。

血行促進タイプは、血液の循環を改善することで再び毛母細胞が十分に働ける状態に戻します。

主な成分に塩化カルプロニウム、苦参エキス、セファランチン、センブリエキス、ニコチン酸ベンジル、ニンジンエキス、ビタミンE、トウガラシチンキ、ショウガエキスなどがあります。

男性ホルモン抑制タイプ

男性に薄毛で悩む人が多いのには理由があります。男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症(AGA)の原因になるというのがその理由。

そこで、ジヒドロテストステロンの発生の原因となる5α-リダクターゼを抑制する成分が入った育毛剤が使われています。

主な成分としては、エチニルエストラジオール、スピロノラクトン、オキセンドロン、ジエチルスチルベストロール、冬虫夏草エキス、フラボステロン、ホップエキス、エストラジオールなどが配合されます。

いわゆるM字の薄毛や、頭頂部から薄くなるタイプの薄毛の方に効果的です。

毛母細胞活性化タイプ

毛髪を作る毛母細胞そのものに働きかけ、発毛を促進するタイプです。活性化成分を与えられることで細胞分裂が高まります。

主な成分には、ビタミンA、B2、B6、亜鉛、アセチルメチオニン、イノシトール、塩酸ピリドキシン、システィン、セリンなどがあります。

偏食やダイエットなどで、細胞の活力が失われている方向けです

皮脂分泌抑制タイプ

頭皮で分泌された皮脂が必要以上に分泌されると、毛穴に詰まってしまいます。これを取り除かないと過酸化脂質となり、頭皮や毛根にダメージを与えます。

これを避けるために、皮脂の分泌を抑えて頭皮や毛根の活力を取り戻すのがこのタイプ。

イオウ、チオキソロン、ビタミンB6、カシュウなどが配合されています。頭皮のベタつきやニオイが気になる方は、このタイプを使用してみるといいかもしれません。

タイプ別に比較した育毛剤ランキング≫

すべてのタイプの成分を配合した育毛剤を試す

大きく分けて以上の4つが育毛剤の主流となっています。

それぞれに使い分けはあるのですが、薄毛の原因は複数のものが絡み合っていて、ひとつの原因を解消しても薄毛が改善しない可能性があります。

ですから、各タイプに配合されている成分をそれぞれ配合している育毛剤を使ってみるのが手っ取り早く、また育毛の近道になります。

このサイトで紹介しているものの中では、チャップアップがその代表と言えるでしょうか。5α-リダクターゼを阻害するノコギリヤシ(サプリ)、毛母細胞を活性化するセンブリエキス、皮脂の分泌を抑えるグリチルリチン酸、血行促進効果のあるジフェンヒドラミンHCをそれぞれ配合しています。